外来診療のみ

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。
このため、歯科医院を探すときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが治療の成否に関わる問題です。
院内感染防止の対策をホームページ上で具体的に示している歯科医院も当たり前のようになっていますから、真っ先に見ておきたいところです。
歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして検査の段階で断られることもあります。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならもう少し粘ってみてください。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば従来はできないといわれていた症例でも治療できるところが増えてきました。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全て歯科医の腕に任されているので決定的な違いが出てくると考えられます。
インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと考えて欲しいのです。
できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。
入れ歯や差し歯と比べても利点の多い治療法であるインプラント。
ですが、気に留めておくべきポイントがあります。
最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。
これは重要な事実です。
いくつか例を挙げると、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうことがあります。
この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部を支えとして残すことができれば上から冠のような形のクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。
その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯もありますが、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れを必要としないとは言えません。
傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
残っている自分の歯と同じく、歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
インプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった話を聞いた方もいるでしょう。
それは気にしないでください。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
金属があれば、そこは乱れて映ります。
インプラントには主にチタンが使われており、金属ですが、磁気には反応しません。
なので、MRI検査には影響ないと考えてください。
重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。
ブリッジという選択肢もありましたが、このような場合、インプラントにもできますと説明され治療を受ける決心がつきました。
自費診療なので、かなりの額になりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。
手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん隣の歯と同じように使えたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。
インプラント埋入手術の直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。
これは、人工物を埋め込んで周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが多いです。
ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、放っておかずに歯科医にみせることが治療を成功させるために必要です。
せっかく完了したインプラント治療も終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
アフターケアが寿命を決定します。
毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールは欠かせませんし、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが、インプラント維持のために必要です。
インプラント自体は人工歯ですが、日頃のケア次第でいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
参考サイト:ホワイトニングジェルは歯に使う事をおすすめします